ページトップ
  1. HOME
  2. 不動産に関する用語集
  3. 【ら行】

ら行

ルーバー

羽根板を一定の間隔、角度で格子状に取り付けたものです。窓、換気口、収納スペースの扉などに使われ、日よけ、雨よけ、通風、目隠しなどに使われます。ガラス製で開閉可能なタイプを「ジャロジー」と呼びます。

ルーフバルコニー

マンションにおいて、階下の住戸の屋根をバルコニーとして利用することで、通常のバルコニーより広い面積がとれますが、一般的に屋根はつきません。

琉球畳(りゅうきゅうだたみ)

畳の縦と横の寸法が等しい正方形の畳のことです。和室だけでなく、リビングの一部に置くことで、インテリア性が高まります。

リビング壁面収納(りびんぐかべめんしゅうのう)

リビングには、テレビやビデオ、オーディオ、新聞、雑誌類、趣味の用品などさまざまな日常雑貨が持ち込まれ、しかも、毎日使うのですぐに散らかってしまいます。雑多なモノを収納し、部屋をすっきり見せるのを壁面収納といいます。最近では、大型化してきたAV機器も収納できるように、スペースが考慮されています。

リバーシブルキー

通常、玄関ドアの鍵は、一般的に上下正しい向きでないと差し込むことはできませんが、上下の向きをどちらにしても差し込め、開錠できるキーのことをいいます。リバーシブルキーは非常に便利な上、一般の鍵屋ではコピーができないので防犯上にもよいつくりになっています。

ラバータイル

硫化ゴムや各種の合成ゴムを主原料として作った床仕上げ用の内装タイルで、クッション性が優れています。

ら行用語集