ページトップ
  1. HOME
  2. お悩み相談・Q&A
  3. 収益物件・不動産投資

お悩み相談・Q&A

収益物件・不動産投資

入居者の募集や設備などのトラブル事項などの管理は、面倒ではないのですか?

面倒なことは多いです。
解決方法としては管理会社に委託する方が一般的です。
管理会社に委託すると運営するにあたってのわずらわしい業務を 全て請け負ってくれます。管理・入居者募集・更新・退去・クレーム処理などを 一貫して請け負ってくれます。

築20〜30年のマンションでも賃貸できるか心配です。

「築20〜30年」といえばイメージ的に古いと思われる方もいると思いますが、30年前のものでも計画的に修繕・メンテナンスがしっかりしている物件はきれいで賃貸としても充分成り立ちます。

マンションとアパートはどこが違うのですか?

アパートは階数が2階までで木造、あるいは軽量鉄骨造りが中心なのに対し、マンションは階数に制限はなく木造がないという点が異なります。
アパートは小じんまりとしていて家賃が低め、マンションは小洒落ていて家賃もアパートより高いという印象があるかもしれません。
しかし、同じ築年数だとマンションの家賃の方が少し高いのが一般的ですが、築年数の浅いアパートと古いマンションとではアパートの方が高くなります。
家賃は構造ではなく築年数と周辺の利便性で設定され、アパートだから、マンションだからということは関係しないのが実際のところです。

不動産投資をするにあたり、一番大事なことはなんですか?

「リスクがある」ということを認識しておく事が大事です。
いかにして予めリスクを少なく抑えるかを考え、綿密な資金計画をたてることが大事といえます。

投資用不動産は好立地で設備がしっかりしてれば空室を防ぐことが出来ますか?

確かに好立地で設備も良いと空室リスクは大幅に下がるでしょう。
しかし、周辺の環境が変われば必ずしも好立地とは言えなくなる場合もあるので注意しましょう。

公務員ですがマンション経営は可能でしょうか?副業扱いになりませんか?

可能です。 確かに公務員の方の副業は制限されていますが、 全く出来ないというわけではありません。
現に公務員の方で不動産による収入を得ている方もおられます。
但し、そういった特例もありますが、地方団体などによって 内容や条件などが違う場合もありますので 必ずしもというわけではございません。

同項目Q&A